職業観・勤労観

2017年2月20日 (月)

近況報告

 随分と間があいてしまった。頻繁にブログを訪れて下さっていた方々には申し訳なく思う。時間的にも精神的にも余裕がなくなってブログから遠ざかってしまい、いつか挽回できるはずと思っているうちに、それも困難になったことをようやく悟った次第。

 今日は大きく二点だけ書いておきたい。まず、契約社員の話がまとまり、入社手続きを経て2月某日から契約社員として働き始めた。職場には特段親しい人などいないのに、「おめでとう」と言ってくれる人もいた。素直に喜んでいいのかどうか分からないが、直接雇用の社員として働くので、派遣としての今までとは違った心持ちになっている。

 二点目はブログについて。以前は「毎日書く」ことを習慣にしていたが、会社のことをおいそれと書けない立場になったこともあり、“毎日”をはずすことにした(1か月以上経っているから、何を今さらという感じではある)。そもそも文章を書くのが好きというのがブログの起点なのに、「毎日書かねばならない」という意識が強迫観念へと変わり、自分の生活を窮屈にしているのに気づいたのがきっかけである。

 今日のところは以上としたい。1か月超に亘る空白部分については、手帳をめくりながら時間を見つけて遡って埋めていくつもりだが、かなり大雑把な記述になりそうだということを予めご承知おき頂ければと思う。

(2017年2月20日記)

2017年2月10日 (金)

収入が含んでいるもの

 俳優・タレントの坂上忍さんが書いた『スジ論』(2016年発行、新潮社)を読んだ。中身は週刊新潮の連載が書籍化されたもので、軽妙な筆致ながら時に鋭利な自論を展開しているところが印象的であった。

 その中に、「言わんとするところよく分かる」と強く思ったくだりがある。それは男の涙について語った文章で、年棒を数億円もらっているプロ野球選手がスランプに陥った後、ようやくある試合で活躍し、ヒーローインタビューに応じて見せた涙に《かなりの違和感を覚えた》という。

 坂上さん曰く、《その年棒に「涙の我慢代」が入ってる》のである。思うような結果を出せない時に、ファンから罵声を浴びたにせよ、数億円の中にはそれに耐えて涙を見せない我慢代が含まれている、それを自覚してほしいという趣旨だ。プロ野球選手が流す涙で感動する人もいるだろうが、私は坂上さんの言っていることはその通りだなと思った。

 翻ってわが身。収入が何を含んでいるかは、私のような者にもちょっと考えさせられる点である。このところ、仕事でストレスを感じて家でも悶々と考えることが多かったが、「この“我慢代”は、私の時給には含まれているはずがない」と思うのだ。一般的な時給は、その時間に提供する労働力への対価として生じるものであって、それ以上でもそれ以下でもない。

 これを大きく逸脱する勤務状態が続いた時は、私が身の振り方を考え直す時だと思う。


(2017年2月10日記)

2017年2月 9日 (木)

嫌な目

 「嫌な目に遭った」と思った。ある仕事の現場でのこと。仕事仲間は何度も顔を突き合わせたことがあるメンバーばかりだったので、朝気楽に集合場所に向かったのだが、いざ仕事が始まると、その人たちとの会話が殆ど生じないのである。大半の人が、よそよそしい態度をとっているように私には感じられた。

 元々私は自分から積極的に人に話しかける方ではないから、現象面で言えば、私の動き方に変化はなく、その人たちが私に声をかけようとしなかった、というだけである。ただこれは、私には意外だった。あたかも自分が仲間はずれにされたように思えたからだ。結局この日、仕事が終わって解散になるまで、状況は変わらなかった。

 私は「何があったのだろうか?」と考えた。そして、一つ思い当たることに気が付いた。昨年の12月にこの“アルバイト仲間”で忘年会が企画され、殆どの人が参加するなか、私は理由をつけて欠席したのだ。その結果、参加した者はお互いに親しくなり、私は自然と蚊帳の外に置かれるようになったのだろう、と思った。忘年会に参加していない私は、年齢も職業も前職も不詳のままで、かつアルバイト仲間のプライベートに関心がないから無理もない。

 だが、だからといって私は「嫌な目に遭った」ことを後悔していない。これを言うと総スカンを食らうに違いないから口にしないが、「アルバイトの仕事仲間で自腹で親睦を深めて一体何になる?」と思うのだ。社員として働き、年収ウン百万円もらっている仕事なら、飲み会等を通じて人間関係を良好に保つ努力は欠かせないと思う。しかし、私がやっているこのバイトは、年収数十万円にしかならない。しかも、マニュアルとこれまでの勤務経験から、仕事でやるべきことは明確に決まっている。それなのに、「貴重な時間とお金をかけて、人間関係を深めてどうするの?」と思う。時給ベースで収入を得る仕事に不必要に深入りしたくはない  私はそういう価値観、勤労観の持ち主なのだ。

(2017年2月9日記)

2017年1月13日 (金)

Xデー

 今日はどことなく朝から、職場がざわついている感じがあった。その理由が午後それとなく、私にも伝わってきた。責任者の方が、今日を最後に職場を去ることが分かったのだ。

 この責任者は、私を契約社員にすべく動いた張本人である。契約社員成りは急な話だったので、急ぐ理由を一度聞いたことがあったのだが、その時、「私実はもうすぐ辞めるんです」と小声で教えてくれていた。責任者は自分が会社にいるうちに、私の意思確認を早く済ませたかったのだ。

 
そのXデーが今日であった。責任者がいなくなることの影響が、私は気にかかっていた。何しろ、私の契約社員成りの話は、二人の間で、口頭で進められてきたものである。文書でのやりとりは皆無で、後任の社員の人からこの件で話かけられたことは一度もない。“私を呼び込もうと動いた人が途中で去っていく”というのは異常事態で、私には不安材料である。

 夜、責任者と最後の挨拶を交わした際、私を安心させようと「例の件は社内で手続きが進んでいます」と言ってくれたが、口約束で終わることはないのだろうか。私は根無し草になったような気分になった。“入社予定日”(=契約社員として働き始める日)は既に知らされているのだが、その日までに後任の人は本当に私の受入準備を進めてくれるのだろうか、と思う。

 色々書いたが、私がこれからやる(やれる)ことといえば、従前通りただ“待つこと”である。

(2017年1月13日記)

2017年1月12日 (木)

大きく落ち込んだ日

 今日はもう何もしたくないという気持ちで家路についた。仕事で大きなミスをした。今の職場で初めてである。原因は不注意などではなく、良かれと思ってやったことが結果的に裏目に出たのだが、自分の判断に頼り過ぎたことが、お客様に迷惑と手間をかけることになるミスに繋がった。

 初めは、自分一人で何とか処理できないかと考えた。しかし、隠して後で発覚した場合、言い訳できることは一つもないと思われた。ミスを報告するなら早い方がいい。意を決して、責任者と別の社員一人が座っている机に行き、神妙な面持ちで、反省の弁を交えながらミスの内容を報告した。

 私はかねがね、「派遣社員に責任なんてない」と考えてきた人間である。「仕事の責任は、基本的に社員が負うもの」だと思う。今でもこの考えに変わりはないが、私のミスの尻拭いは社員がやることになる。この日は次のような一文が新たに頭にのぼってきた。

「派遣が社員の仕事を増やしちゃいけないよな」

 ミスをした後私がやったことは、いわゆる“報連相”の一貫であり、特別なことではない。すみやかな報告が緩衝材になったのか、「後の対応はこちらで考えます」と責任者の方は穏やかに言ってくれて、少し気が楽になったが、陰鬱な感じがその後ずっと私の胸に漂い続けた。

 「派遣社員に責任なんてない」と考える私は、案外、責任感の強い人間なのかもしれない。

(2017年1月12日記)

2017年1月11日 (水)

「もう来たくない」

 昨日も残業である(1時間ほどだけだけど)。オフィスを出て、家路を急ぐ同僚5、6人が同じエレベーターに乗り込んだ。皆疲れていて、1階に下りるまで沈黙が続くかと思っていると、一人の男性が皆に聞こえる声で開口一番、こう呟いた。

「もう来たくない」

 彼からは今までも、仕事で大きなストレスを受けている“シグナル”が色々と出ていて、この発言はその延長線上にあるものだった。これを聞いた誰からも、笑いが起きなかった。「何言っているの!」と突っ込む声もなかった。皆、彼の気持ちがよく分かった上で、黙って聞いていたのである。

 派遣社員の仕事というと一般に、単純労働のイメージで、大きなストレスなど生じない印象を持たれるかもしれないが、現実はそう簡単ではない。職場で人と人が接すれば、そこには何かが発生するのであり、その中に摩擦や軋轢があってもおかしくない。あとは、人それぞれ強弱が異なるストレス耐性で、持ちこたえられるかどうかだ。

 ここでは具体的な話を何一つ書けないが、契約社員になるかもしれない私を覆うどんよりした気分も、「もう来たくない」と言った彼と同じところから生じているのである。悩みは……深い。

(2017年1月11日記)

2017年1月 7日 (土)

ボールを手放す

 私は昨日のTo Do Listに、派遣会社への返事を挙げていた。派遣先での直接雇用のオファーをすぐに受けるのは、いかにも「裏交渉していました」と言っているようで感じが悪そうに思える。そこで、1月3日に来た電話への返事を、少し空けて6日にすることにしたのだ。

 職場へ持参したお弁当を昼休みに食べた後、ビルを出て派遣会社に電話を入れた。幸い、この件の担当者は在席だった。もう予想していたのだろう。「今回の話、受けさせて頂きます」という私の意思表示への反応は、「そうですか」というもので、実に淡々としていた。

 今日7日から三連休に入ることから、私は6日のうちに職場の責任者に、派遣会社に返事をした旨報告しておきたいと思った。そのタイミングは、残業の後ぎりぎりにやってきた。入退室用のカードを返却する相手が、昨日はその責任者だった。渡しぎわに小声で、「例の件、派遣会社に返事しました」と囁くと、責任者は黙って頷いた。このやりとりは、誰にも気づかれていないはずである。

 こうして“ボール”は再び私の手を離れた。次のステップは、具体的な手続きということになろうか。今私が準備しなければならないことはない。待っている方が気分的に楽である。

(2017年1月7日記)

2017年1月 5日 (木)

噂が流れる

 昨日は仕事始めから残業だった(ちょっと珍しいかな)。偶然だと思うが、帰り際、責任者の方と少し立ち話することになった。早速「例の件、派遣会社から連絡はいきましたか?」と聞かれた。

 私は3日の夕方に突然電話が来たことと、主な会話の内容を伝えた。責任者が懸念していたのは、派遣会社が、自分の抱える登録スタッフが他社の契約社員になることに難色を示すことだった。そういうネガティブな感じは受けなかった、と私の印象を伝えた後は、職場の話になった。

 責任者は、今いる既存の契約社員から、私が契約社員になる話があるのかどうか訊かれたという。この発端は、責任者と私が何やら話をしているのを、同僚の派遣社員が見たことにあるらしい。それはそうだろう。責任者に呼ばれて、普段行くことのない部屋に私が入っていったことが一回。勤務態度の真面目な私が三十分も不自然な離席をしたことが一回。周囲にいぶかしく思われても仕方がなかったと思う。

 「ちょっと見られちゃったかもしれませんね」と責任者は口にした(が、懲りた様子はなかった)。私はこの話は一切口外していないので、後ろめたいところはない。ただ、派遣会社の知るところにもなって、もうこの話が同僚の間で広まり始めたのだなと思った(誰も私に訊いてきたりしていないけれど)。

 私は責任者に、今の同僚と一緒の働いている間に契約社員になることに、ちょっと心の引っかかりがある旨を伝えた。すると、責任者曰く、「なかには羨ましいと思う人がいるかもしれませんね。でも(欲しかったのは)一人だけだったので」とあっさりした返事だった。白羽の矢が立ったのは自分だけだということを、ここで初めて知った。そして、これからどういう目で見られようが、自分ではどうしようもないと観念した。人は自分が見たいように見るからである。

(2017年1月5日記)

2017年1月 4日 (水)

突然の電話

 昨日の夕方5時半過ぎ、買い物から帰る途中、携帯電話が鳴った。妻から買い物の追加の電話かなと思って携帯を取り出すと、夕闇のなか登録してある派遣会社の社名が表示され光っていた。三が日なので仕事の連絡は勘弁してほしいと思ったが、やり過ごしても後々いいことはないと直感した。

 電話に出ると、私の職場を担当している営業の人だった。「私を直接雇用したいと派遣先が言っている」ということを伝える電話である。雇う際の条件も具体的な話として出てきた。派遣会社はこの話、どう受け止めたのだろう。電話での話しぶりからは、困っているのかどうか、私に任せるつもりなのか全く伝わってこない。

 私は初めて聞いたようなふりをして、「よく考えてからご連絡します」と回答した。ここで、気になる追加情報を聞かされた。予定していた派遣期間が延長されるという。これは、今の同僚と一緒に働き続けている期間中に、私が契約社員成りすることを意味する。同僚の派遣期間の終了と同時に、一人残った私がひっそりと契約社員成りするということにはならないのだ。

 私は周囲の目にどう映るのだろうか。以前妻が、「「裏切者!死ね!」ってロッカーに書かれるんじゃない?」と吐いた冗談を、気楽に受け流せなくなってきた気がする。


(2017年1月4日記)

2016年12月29日 (木)

仕事納め

 仕事納めの日だった。私のお世話になっているところは業務が多く、この日も残業が早々に決まったが、夕方社員の方に、「食べ物、飲み物を向こうに用意してありますので、よかったらぜひ……」と勧められた。そこで五時半頃に同僚みんなで立ち寄ることになった。年末恒例のささやかな打ち上げの会で、去年も誘われたと記憶している。

 ただ、去年はそこに近づかなかった。行っても仕方がないと思ったからだ。今年はというとちょっと状況が違う。来年からこの職場にもっとお世話になるかもしれないと思うと、顔を出してみようという気になった。

 行ってみて拍子抜けした。テーブルにはお寿司や各種オードブル、スナック、ビールやジュース類が置いてあったが、まだ自分たち以外、どこの部署の人の姿もなかった。時間が早すぎたようだった。私は不思議と安堵の気持ちが広がるのを自覚した。

 私が契約社員になるという話は、責任者と口頭でやりとりをした状態のまま、越年が確定した(越年なんて、プロ野球選手の年棒交渉みたいだ)。私は一カ月近く前に応諾したが、何も書類は取り交わしていないから、このまま話が流れることだって十分考えられる。

 来年の自分はどうなっていくのだろう。世の中の流れや環境に身を任せるというのは主体的な生き方ではないが、それも選択肢の一つと言っていいのではないか。あまり尖がらずに生きていく-というのが今の私にはしっくりする処世術である。

(2016年12月29日記)

より以前の記事一覧