将棋

2017年1月 8日 (日)

将棋・三浦九段の潔白で感じたこと

 時間が経っているのでここで改めて書くまでもないが、将棋ソフト利用の不正が指摘されていた三浦弘行九段の潔白が明らかになった。日本将棋連盟のホームページに、昨年12月26日に行なわれた記者会見での谷川浩司会長の会見要旨が掲載されている。玉虫色の決着ではなく、三浦九段は白であるということだから、裏を返せば将棋連盟の動き方、対応に問題があったということになる。

《(不正を調査していた第三者委員会の)報告書では、三浦九段は不正を行っていないこと、常務会が出場停止処分を取ったのは妥当であること、この二つの結論を頂きました。 常務会の判断が妥当だったとは言え、結果的に三浦九段につらい思いをさせてしまいましたことは本当に申し訳なく思っております》
20161227日付『第三者委員会調査結果を受けて』より一部抜粋)

 今回の騒動は、将棋ファンのみならず一般の人の耳目を集めることになった。同じようなことを感じた人が多いかどうか分からないが、私が今強く感じるのは“冤罪”の恐ろしさである。週刊誌の報道の影響により一時は、三浦九段を「相当怪しい」「黒に近い灰色」と見る空気が醸成されていた気がする。

 疑念を持たれて一方的に竜王戦の出場機会を奪われた三浦九段は、今でも憤懣やるかたない気持ちだろうと想像するが、外野から見て意外に思うのは、将棋連盟が三浦九段を呼び出してヒアリングしたにも関わらず、三浦九段は白だという心証を持つに至らなかったことである。棋士仲間という身内の人たちが本人から直接話を聞いているのに、白という感触を得られなかったのはどうしてだろうと思う。

 主だった棋士が集まり、将棋ソフト利用を疑って三浦九段抜きで議論した際、怪しむ声への同調が重なって、疑念が増幅されていったのかもしれない。その場の空気が今回の“冤罪”を招いたのだとしたら……日本のどのような組織、集団でも起こりうる事象で、大変危険なことだと私には感じられた。

(2017年1月8日記)

2016年12月18日 (日)

将棋NHK杯で羽生三冠敗戦

 考えさせられる一局だった。今日放送の『NHK杯将棋トーナメント』で、ベスト8入りをかけた対局、羽生善治三冠VS佐藤和俊六段が行われたのだが、羽生三冠が佐藤六段の攻めを凌ぎきれず負けたのだ。

 
佐藤六段がタイトルを窺うような若い俊英であれば、この敗戦はまだ合点もいくが、三十八歳の中堅棋士ということを考えると、佐藤六段には失礼な物言いになって申し訳ないが「羽生三冠は大丈夫か?」と心配になってしまう。過去の対戦成績も羽生三冠から見て2勝0敗で、しかもこの日は羽生三冠が有利とされる先手で指していたのに負けてしまった。

 今年の春先から不調説が流れて名人位を失い、その後は他のタイトルを防衛して復調した感じがあったが、この日の敗戦で、私の中でまた不安が大きくなり始めた。好きな将棋の世界における贅沢な悩みなのかもしれないが、私は“弱い羽生善治”を観たくないのだ。

 妻も羽生さん敗戦の報に、一気に意気消沈した。夜寝る前になっても、「あぁ~」と何度もため息をつくのである。「あたし、今日は朝から一生懸命家事をしたのに……」と、対局とは無関係のことまでも口にして、心を痛めるのだ。この気持ちはよく分かる。NHK杯はトーナメント方式ゆえに、一度負けたらそのトーナメントが終わるまで、羽生さんの姿を観ることができない。楽しみ半減の冬が続くことになった。

(2016年12月18日記)

2016年12月11日 (日)

将棋トップ棋士VS最強将棋ソフトの対局が実現

 私のような、将棋を指さないが観るを楽しむ“観る将(みるしょう)”にとり、棋士同士の対局を鑑賞するのは王道の楽しみ方だが、実は棋士VS将棋ソフトの戦いも大きな関心事である。これまで両者の戦歴は、棋士の側の分が悪いが、「トップ棋士なら将棋ソフトに負けないのでは」と期待を抱いているファンは少なくないと思う。その曖昧なところの決着をつける対局が実現することになった。

 最強の将棋ソフトと対局(二番勝負)することになる『叡王戦』の決勝三番勝負が、佐藤天彦九段と千田翔太五段の間で行なわれ、佐藤天彦九段が連勝で優勝した。佐藤天彦九段といえば、今春羽生善治三冠を破って名人位に就いており、現在最強の棋士と言っていい方である。そんな御仁が来年、最強の将棋ソフト(『第4回将棋電王トーナメント』の優勝ソフト)と雌雄を決することになるのだ。

 将棋界を巡っては、<羽生善治三冠と最強の将棋ソフトはどちらが強いか>というのがここ数年、将棋ファン、羽生ファン、観る将の関心を集めてきたが、現在羽生三冠を上回る強さを見せている佐藤天彦名人が登場することで、実質的に決着がつけられることになったと言ってよいだろう。

 
羽生ファンである私と妻からすれば、平時の佐藤天彦名人は“憎き存在”なのだが、将棋ソフトが相手となれば別である。やはり私は、将棋に全てを捧げて生きてきた生身の人間に勝って欲しいのだ。佐藤天彦名人がソフトに勝利する歴史的瞬間に立ち会いたいと思っている。

(2016年12月11日記)

2016年11月11日 (金)

将棋で考えた著名人のSNS活用方法

 ちょっと名前の知れた人やファンを抱えた人は、ブログやツイッターは細々とでもやっておいた方がいいのかもしれない  将棋ファンとして、三浦弘行九段の不正疑惑問題の成り行きを見守っている際、そのように思った。

 10月に持ち上がった将棋ソフト使用の不正疑惑は、当事者や関係者に取材を行った週刊誌(20日発売の週刊文春)でも大きく取り上げた。しかし、そこに書かれた内容やトーン、ニュアンスは、一部の棋士が違和感を覚えるものであったことが後に明らかになった。

 まず、週刊文春で《「(三浦九段の件は)限りなく“黒に近い灰色”だと思います」という内容のメールを日本将棋連盟の理事に送っていた》とされた羽生善治三冠は、奥さん(元女優・畠田理恵さん)のツイッターを使って、訂正する趣旨の次のような文章を投稿された。

《一部報道で誤解を招くような表現がありましたのでこの場をお借りして説明をさせて頂きます。まず、「灰色に近い」と発言したのは事実です》

《今回の件は白の証明も黒の証明も難しいと考えています》、

《疑わしきは罰せずが大原則と思っていますので誤解無きようにお願いを致します》

 渡辺明竜王(現二冠)も自身の思うところを明らかにした。10月12日付のブログで《大変な事態になってしまいましたが、引き続き将棋界へのご声援を宜しくお願いします。 詳細は各種報道に任せて、ここでは省略します》と静観する態度を示していたが、週刊文春の記事の内容が自身のイメージしていたものと違っていたようで、ブログで次のように軌道修正を図っている。

《一連のこと。

昨日は月例報告会で棋士に一連の経緯と自分の行動意図を説明しました。その後に囲み取材を受けましたが、報道された記事でこれでは発言が後退しすぎと言うか、最初から何もしなかったほうが良かったという体になってしまっているので、そこは訂正させてもらいます。連盟の公式HPでなく個人のブログに書くのは褒められた行為ではないかもしれませんが、ずっと誤解されるのは耐えられないので。(以下略)》(2016-11-01

《最後に。

昨日ので最後にしようと思いましたが、言い足りないことがあったので最後に付け加えます。

自分ではブレてないつもりでも、言葉があちこち飛び交ったのは自分の責任です。急所を自分のブログで書くのを怖れてメディア任せにしたのもいけなかった。この点、自分も身を挺しきれていなかったです。

週刊文春に掲載された記事内容は、個人的にはおおむね間違っていないように思いますが、矛盾の印象を与えそうな言葉や、本意では伝わらない恐れがある表現は、誤解を解くような努力をしなくてはいけなかったと反省しています。時間が経ってからでは状況を見て態度を変えているように思われるのも仕方がなしです。(以下略)》(2016-11-02

 ここまで書いて私は、「著名人は自分の意見を表明するツールとしてSNSを持っていた方がよい」ということを言いたいわけだが、同じ将棋界で、それがさらに感じられた“事件”が起こった。10月30日の公式戦(第2期叡王戦(ドワンゴ主催))で、トップ棋士の一人久保利明九段が対局開始時刻を勘違いして不戦敗となった。この対局はニコ生でネット中継されることになっていたから、対局観戦を楽しみにしていた久保ファンは待たされた挙句、がっかりしたに違いない。皮肉にもこの不戦敗はヤフーニュースのトップページにも掲載され、ネットの威力により多くの人の知るところとなった。

 私の知る限り、久保九段はブログやツイッターはされていないようだが、もし使っていれば直接、ファンの方々に釈明なり謝罪をできただろうに、と思う(ファンあっての将棋界である)。著名人がSNSを通じて過剰に自分を演出する姿は見ていて気持ちのいいものではないが、ここぞという時に自分の意見や考え、思いを表明するのは望ましいことであり、SNSはそのための有効なツールたりえるのではないか、と最近の将棋界の動きを見て考えた次第である。

(2016年11月11日記)

2016年11月 5日 (土)

将棋・第三者調査委員会はフェアか?

 将棋・三浦弘行九段の不正疑惑について。日本将棋連盟が三浦九段に出場停止の処分を下して以降も、三浦九段が反論文書を公にしたり、週刊誌が一連の経緯と舞台裏を報じたり、当事者の一人渡辺明竜王がブログで真意を明らかにしたりと、事態は沈静化していない模様である。

 外からは処分を一方的に下した格好に見える将棋連盟は、このままではまずいと判断したのだろう。第三者調査委員会を設置することをホームページで明らかにした。以下のように、10月27日付と11月4日付の二度掲載されている。

《過日発表の通り、当連盟常務会では1012日付で、三浦弘行九段を出場停止(20161012日~1231日)の処分と致しました。

本件につきまして1024日に理事会を開催し、第三者により構成する委員会を設け、調査することを決定しました。委員長には但木敬一氏(弁護士、元検事総長)が決まりました。出場停止処分の妥当性、三浦九段の対局中の行動について、調査を要請しました。》(20161027日)

《三浦弘行九段に対する出場停止処分の妥当性や、三浦九段の対局中の行動について調査する第三者調査委員会(但木敬一委員長=弁護士、元検事総長)は本日、初会合を開催しましたので、お知らせします。

 なお、初会合開催に先立ち、永井敏雄氏(弁護士、元大阪高等裁判所長官)、奈良道博氏(弁護士、元第一東京弁護士会会長)の2人が新たに委員に選任されましたので、あわせてご報告いたします。》(20161104日)

 以上を読んで私が感じたのは、第三者調査委員会はフェアたりうるのだろうか、ということである。委員会のメンバーは、将棋連盟が選任し調査を依頼したと考えられるが、当然ながら対価を支払っての調査のはずであり、将棋連盟寄りの結論になるバイアスは避けられないのではないだろうか。

 “第三者〇〇”で思い出すのは、政治資金の私的流用疑惑で辞任に追い込まれた舛添要一前都知事である。疑問視された数々の支出について、「厳しい第三者の専門家の公正な目で調査してもらう」と連呼。しかしながら、出てきた報告書のトーンはかなりマイルドだったと記憶している。これで果たして公正と言えるのかな、と当時感じたのを思い出した。

 私の予想だが、今般の第三者調査委員会の報告によって、年内の対局をなしとした出場停止処分の妥当性が否定されることはないだろうと思う。穿った見方をすれば、将棋連盟がこれまでに取った行動と意思決定(=処分)を追認せんがための第三者調査委員会設置と見られないこともない。

 
以上のように私は、“第三者〇〇”と聞いて、無条件にそのフェアネスを受け入れられない人間である。偏屈に感じられたかもしれない。しかし、鵜呑みにせずに懐疑的な視点を残しておくのが、実はバランスの取れた見方だと思うのだが、いかがだろうか。

(2016年11月5日記)

2016年10月20日 (木)

ブログアクセス急増の理由

 今月11日あたりから、ブログへのアクセスが急増している。絶対数は少ないけれどいつもの2~3倍のアクセス数で、このブログを始めて1千日以上経つが、こんなことは初めてである。私のブログは世に知られていないはずなので、何かきっかけがあるに違いなかった。

 
暫くの間、最近投稿した『『電通事件』は風化したのか(その1~3)』が読まれたのかと思っていた。というのも、電通の新入社員の過労死が大きく報道され、社会の注目を集めているからである。その後、自分のなかでモヤモヤが解消しなかったため、普段はやらないことだが、どのページが読まれているのかアクセスを調べてみることにした。すると、意外なことが分かった。二年以上前に遡る次のブログが原因だったのである。

『急がれる将棋界の不正防止ルール策定』(2014531日)

minato-kashiwamoto.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-b5a9.html

 将棋ファンや将棋に関心のある人が、三浦九段の不正疑惑が持ち上がってからネットを検索し、私の過去のブログに行き着いたのだろう。改めて読み直してみて、今も通用する内容になっていると自分には感じられてホッとした。これでまたブログをマイペースで書き続けられそうで、一安心である。

(2016年10月20日記)

2016年10月18日 (火)

将棋・三浦九段が不正疑惑を改めて否定

 今晩7時、テレビのチャンネルをNHKに合わせたところ、ニュースの見出しに将棋・三浦弘行九段の不正疑惑が載っていたので、何が起こったのかと思って見続けることにした。対局に将棋ソフトを利用した疑惑はもう何日か前からメディア報道されているため、何か新たな情報がないと、わざわざNHKがニュースに取り上げるはずがない。

 その新たな情報というのは、三浦九段がNHKの単独インタビューに応じ、カメラに向かって話した内容にあった。重要と思われたポイントは大きく二点。まずは、三浦九段が「疑惑を持たれたままでは指せない」として竜王戦を辞退する旨を将棋連盟に伝えた事実はない、とした点である。「竜王戦は将棋界の最高棋戦であり、それを自分から辞退することはありえない」という趣旨の説明を三浦九段は加えた。もしそうならば、三浦九段が辞退の意向を示したとする将棋連盟の見解とは食い違うことになる。

 二つ目は、三浦九段が自身の所有するパソコン4台とスマホのアプリ一覧を撮った画像を、無実を証明する証拠として将棋連盟に提出したことを明らかにした点である。そもそも「スマホに将棋ソフトは搭載していない」とも語っていたので、これはかなりの“強手”といっていいだろう。

 パソコンとスマホの精査により“白”が確定すれば、三浦九段にとって大変喜ばしいことである。が、一点目に挙げた見解の相違は、どう決着するにせよ、相当なしこりを残しそうな予感がする。というのも、もし三浦九段の言っていることが真実だとすれば、将棋連盟が三浦九段を竜王戦に出場させないストーリーを予め作って、意図的にその方向に誘導したと推測できるようになるからである。不正を行っていない無実の棋士が、竜王戦出場の権利を剥奪されたことになるわけで、傷つけられた名誉は回復しても、始まってしまった竜王戦はもう戻って来ない。

 三浦九段の主張を取り上げたNHKニュースを見て、今度は将棋連盟側が今後の“指し手”を考えなければいけない手番となった気がする。将棋ファンとしては、なるべく穏便にこの前代未聞の騒動を収めてほしいと願うばかりである。

(2016年10月18日記)

2016年10月17日 (月)

人生初めてのオシャレ

 このところ、ずっと頭から離れないことがある。髪を染めに行こうかどうかと悩んでいたのだ。身体も頭は自然のままが一番だと私は考えてきたのだが、将棋のトップ棋士・羽生善治三冠が《気分転換に》と髪を染めたのを機に(?)、巷の不調説を一蹴するかのごとく勝ちだしたので、そんなに気分が変わるものかと思ったのがきっかけである。

 男性で四十代に染め始める人は多いのかもしれない。いつだったか、私と同世代の川上量生さん(ニコニコ動画を運営している株式会社ドワンゴの経営者)が髪を染めている様子が、NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』で流れていた。川上さんは「真っ黒にするのはいかにも“白髪染め”という感じがするので……」と、少し茶系の色を選ばれていた。どういう色にするかは人の好みだが、加齢とともに白くなる一方の頭に色を入れるのは、ちょっとしたオシャレとしていいと思った。

 私がこんな話題を取り上げたのは、もう行く気持ちを固めたからである。普段は床屋で15分程度カットしてもらって済ませる私が、お店を変えて「染めたいのですが……」と言うつもりになっているのは、自分でも不思議である。人生初なので、とても緊張しそうな気がする。今日行く決心をしたわけだが、これは明日妻が美容院に行く予定があるからというのが一つ。そして二つには、うじうじと「この髪どうしようか、染めようかなあ」と頭を悩ませ続けている自分に嫌気がさしてきたためである。

(2016年10月17日記)

2016年10月15日 (土)

便利になるほど面倒になるパラドックス

 将棋の話の続き。日本将棋連盟では今月5日、対局中に将棋ソフトを使用した疑いをかけられた三浦弘行九段に公式戦出場停止処分(年内)を下す以前に、将棋ソフトによる不正の防止策を定めていた。設けられた新たなルールは、(1)スマートフォンなどの電子機器は対局前にロッカーに預けること(対局中の使用禁止)、(2)対局中の外出の禁止、の二点。12月14日の施行が予定されており、東京・大阪の将棋会館で指される全ての公式戦に適用される。

 
近年、将棋ソフトの棋力向上が著しいことを受け、こうした規則を定めなければいけなくなったことは理解できる。スポーツの世界においてオリンピック選手でもドーピング検査を課されるくらいだから、ゲームにおいても、性善説に立ってプレーヤーのフェアな行動を信じる時代は終わったのだ。賞金や名誉、地位のかかった大一番に勝ちたいという気持ちが昂じた結果、ソフトを使う誘惑に駆られ負けてしまう可能性は誰もがある、と言わねばならなくなった。

 
今回の新ルールは、対局を外から観戦する将棋ファンには直接関係ないが、棋士は少なからず影響を受けそうである。今まで棋士は、対局の昼食休憩時等に、将棋会館から出て食事をとることが許されていた。12月14日からはそうした外出ができなくなるため、対局が終わるまで将棋会館内に缶詰め状態に置かれ、息が詰まると感じる棋士もでてくるだろう。外で気分転換できないのは、時代の流れとはいえ、少し気の毒に思えてしまう。

 進化を続ける将棋ソフトについては、プラス面、マイナス面が色々と指摘されてきた。過去の棋譜を分析したり、難しい局面の優劣を判断したり、読み筋を確認したりできることから便利であり、より高い棋力を身に付ける観点で有益なツールだと見る棋士は多い。が、その一方で、新ルールを見れば分かるように、棋士の行動に色々と制約を課す副作用を生むことにもなった。『便利になるほど面倒になるパラドックス』を感じずにはいられない。

 報道によると、今日開幕する竜王戦七番勝負では、金属探知機を使って手荷物などの検査を実施することで対局者が合意しているという。先の不正疑惑騒動もあって、対局者及び関係者が神経質になっているのはよく分かるが、かなり滑稽な絵図になるなあと感じ、つい呟いてしまった。

「金属探知機!? テロ対策じゃあるまいに。将棋は最低限、盤と駒があれば指せるものでしょうが」

 
以上は将棋の世界に限ったことではない。これから社会はますます便利に、そしてますます面倒になっていくのであろう。

(2016年10月15日記)

2016年10月14日 (金)

将棋界に激震!三浦九段に不正疑惑

 大変なことが起きてしまったと思った。12日夜、ネットでニュースを見ていると、《<将棋連盟>三浦九段の不正調査…対局中ソフト利用か》(毎日新聞)という記事が目に飛び込んできた。本文には、以下のような記述があった。

《日本将棋連盟は12日、三浦弘行九段(42)を年内の公式戦出場停止処分にしたと発表した。直接の処分理由は、提出を求めた休場届が期限までに届かなかったため。三浦九段は対局中に不自然な形で離席することが多いと対戦した棋士から指摘があり、将棋ソフトを不正利用しているという疑惑が浮上。連盟側は三浦九段から聞き取り調査を始めていた》(毎日新聞)

 三浦弘行九段といえば、プロ棋士のトップグループにいる一人である。そんな一流棋士が、対局中に離席し、スマホで将棋ソフトを使っていた不正疑惑が浮上。本人は、《「別室で休んでいただけ。疑念を持たれたままでは対局できない。休場したい」と話した》(朝日新聞)ということだったが、期日の翌12日までに休場届が提出されず、連盟が処分を決めたというのが現在までの流れである。

 近年、将棋ソフトの棋力がプロ棋士を凌駕するまでに向上したため、棋士はソフトを使うことで、難解な局面の優劣を判断したり、指し手の有力な候補手を見つけることを高い精度でできるようになった。こうした環境変化を受け、プロ棋士の間では、ソフトを搭載できる電子機器類の対局場への持ち込みを禁止した方がよいとする声がすでにあがっていた。その筆頭格は渡辺明二冠(現竜王・棋王)であったと私は記憶しているが、当の三浦九段本人も同じ趣旨のことを本の中で述べていたのである。

《三浦弘行:(棋士が)対局中に電子機器を取り扱うのは禁止にしたほうがいいですね》

(『ドキュメント電王戦 その時、人は何を考えたのか』(2013年発行、夢枕獏著、徳間書店))

 三浦九段は今回の一件につき、《「まったくのぬれぎぬ。不正な行為は行っていない。今後は弁護士と相談して行動する」》と新聞社の取材に答えており、真相は明らかになっていない。“黒判定”には至っていないが、連盟側の疑念を払拭できておらず、今はグレーと見られても仕方がない状況になっている。

 どういうやりとり及び聞き取り調査が連盟と三浦九段との間で行われたか不明だが、思うに、三浦九段が身の潔白を証明するには、保有しているパソコンやスマホ、タブレット端末などの電子機器を連盟に提出して、徹底的に調べてもらうしかないだろう。連盟がITの専門家に依頼すれば、対局していた時間帯にこれらの機器の将棋ソフトが動いていたかが分かり、全てがクリアになるはずである。三浦九段が《弁護士と相談して行動》したところで、肝心なことは証明できないのではないだろうか。

 ここで私は、STAP細胞騒動時の小保方晴子さんを思い出す。弁護士の先生方が懸命に守勢の小保方さんをサポートしたが、「STAP細胞はあります」と言い切ったご本人が、再現実験を成功させることができなかったため、誰も納得させることができなかった。三浦九段が「不正はありません」と言い切って周りを納得させたいのであれば、電子機器を使用した事実がないことを客観的に示す以外にはないと思う。弁護士云々の話ではない。

 今週末から将棋界最高峰のタイトル戦『竜王戦』が開幕するが、三浦九段はその挑戦者になっていたため、連盟が下した処分により出場できない異例の事態となった。そして代わりに、挑戦者決定戦で敗れていた丸山忠久九段が出場し、渡辺明竜王と対戦することが発表された。急遽、挑戦者に繰り上がった丸山九段は準備が満足にできていないだろうし、受けて立つ渡辺竜王も作戦を練り直す必要があることを考えると、両対局者が万全の態勢で臨めないのは将棋ファンとして残念というほかない。

 
唯一、不幸中の幸いだったのは、『竜王戦』が始まった後の段階で、挑戦者・三浦九段の不正疑惑が持ち上がらなかったことである。タイトル戦そのものに傷がつく汚点は、ギリギリのところで回避できたと見ていいだろう。私は将棋ファンとして『竜王戦』の対局が当然気になるが、今回の疑惑がどう決着するかも目が離せないことになった。明るい話題ではないだけに、複雑な気持ちでいる。

(2016年10月14日記)

より以前の記事一覧