« Xデー | トップページ | 収入が含んでいるもの »

2017年2月 9日 (木)

嫌な目

 「嫌な目に遭った」と思った。ある仕事の現場でのこと。仕事仲間は何度も顔を突き合わせたことがあるメンバーばかりだったので、朝気楽に集合場所に向かったのだが、いざ仕事が始まると、その人たちとの会話が殆ど生じないのである。大半の人が、よそよそしい態度をとっているように私には感じられた。

 元々私は自分から積極的に人に話しかける方ではないから、現象面で言えば、私の動き方に変化はなく、その人たちが私に声をかけようとしなかった、というだけである。ただこれは、私には意外だった。あたかも自分が仲間はずれにされたように思えたからだ。結局この日、仕事が終わって解散になるまで、状況は変わらなかった。

 私は「何があったのだろうか?」と考えた。そして、一つ思い当たることに気が付いた。昨年の12月にこの“アルバイト仲間”で忘年会が企画され、殆どの人が参加するなか、私は理由をつけて欠席したのだ。その結果、参加した者はお互いに親しくなり、私は自然と蚊帳の外に置かれるようになったのだろう、と思った。忘年会に参加していない私は、年齢も職業も前職も不詳のままで、かつアルバイト仲間のプライベートに関心がないから無理もない。

 だが、だからといって私は「嫌な目に遭った」ことを後悔していない。これを言うと総スカンを食らうに違いないから口にしないが、「アルバイトの仕事仲間で自腹で親睦を深めて一体何になる?」と思うのだ。社員として働き、年収ウン百万円もらっている仕事なら、飲み会等を通じて人間関係を良好に保つ努力は欠かせないと思う。しかし、私がやっているこのバイトは、年収数十万円にしかならない。しかも、マニュアルとこれまでの勤務経験から、仕事でやるべきことは明確に決まっている。それなのに、「貴重な時間とお金をかけて、人間関係を深めてどうするの?」と思う。時給ベースで収入を得る仕事に不必要に深入りしたくはない  私はそういう価値観、勤労観の持ち主なのだ。

(2017年2月9日記)

« Xデー | トップページ | 収入が含んでいるもの »

人間関係」カテゴリの記事

職業観・勤労観」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/64923815

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌な目:

« Xデー | トップページ | 収入が含んでいるもの »