« 2017年1月 | トップページ

2017年2月

2017年2月20日 (月)

近況報告

 随分と間があいてしまった。頻繁にブログを訪れて下さっていた方々には申し訳なく思う。時間的にも精神的にも余裕がなくなってブログから遠ざかってしまい、いつか挽回できるはずと思っているうちに、それも困難になったことをようやく悟った次第。

 今日は大きく二点だけ書いておきたい。まず、契約社員の話がまとまり、入社手続きを経て2月某日から契約社員として働き始めた。職場には特段親しい人などいないのに、「おめでとう」と言ってくれる人もいた。素直に喜んでいいのかどうか分からないが、直接雇用の社員として働くので、派遣としての今までとは違った心持ちになっている。

 二点目はブログについて。以前は「毎日書く」ことを習慣にしていたが、会社のことをおいそれと書けない立場になったこともあり、“毎日”をはずすことにした(1か月以上経っているから、何を今さらという感じではある)。そもそも文章を書くのが好きというのがブログの起点なのに、「毎日書かねばならない」という意識が強迫観念へと変わり、自分の生活を窮屈にしているのに気づいたのがきっかけである。

 今日のところは以上としたい。1か月超に亘る空白部分については、手帳をめくりながら時間を見つけて遡って埋めていくつもりだが、かなり大雑把な記述になりそうだということを予めご承知おき頂ければと思う。

(2017年2月20日記)

2017年2月10日 (金)

収入が含んでいるもの

 俳優・タレントの坂上忍さんが書いた『スジ論』(2016年発行、新潮社)を読んだ。中身は週刊新潮の連載が書籍化されたもので、軽妙な筆致ながら時に鋭利な自論を展開しているところが印象的であった。

 その中に、「言わんとするところよく分かる」と強く思ったくだりがある。それは男の涙について語った文章で、年棒を数億円もらっているプロ野球選手がスランプに陥った後、ようやくある試合で活躍し、ヒーローインタビューに応じて見せた涙に《かなりの違和感を覚えた》という。

 坂上さん曰く、《その年棒に「涙の我慢代」が入ってる》のである。思うような結果を出せない時に、ファンから罵声を浴びたにせよ、数億円の中にはそれに耐えて涙を見せない我慢代が含まれている、それを自覚してほしいという趣旨だ。プロ野球選手が流す涙で感動する人もいるだろうが、私は坂上さんの言っていることはその通りだなと思った。

 翻ってわが身。収入が何を含んでいるかは、私のような者にもちょっと考えさせられる点である。このところ、仕事でストレスを感じて家でも悶々と考えることが多かったが、「この“我慢代”は、私の時給には含まれているはずがない」と思うのだ。一般的な時給は、その時間に提供する労働力への対価として生じるものであって、それ以上でもそれ以下でもない。

 これを大きく逸脱する勤務状態が続いた時は、私が身の振り方を考え直す時だと思う。


(2017年2月10日記)

2017年2月 9日 (木)

嫌な目

 「嫌な目に遭った」と思った。ある仕事の現場でのこと。仕事仲間は何度も顔を突き合わせたことがあるメンバーばかりだったので、朝気楽に集合場所に向かったのだが、いざ仕事が始まると、その人たちとの会話が殆ど生じないのである。大半の人が、よそよそしい態度をとっているように私には感じられた。

 元々私は自分から積極的に人に話しかける方ではないから、現象面で言えば、私の動き方に変化はなく、その人たちが私に声をかけようとしなかった、というだけである。ただこれは、私には意外だった。あたかも自分が仲間はずれにされたように思えたからだ。結局この日、仕事が終わって解散になるまで、状況は変わらなかった。

 私は「何があったのだろうか?」と考えた。そして、一つ思い当たることに気が付いた。昨年の12月にこの“アルバイト仲間”で忘年会が企画され、殆どの人が参加するなか、私は理由をつけて欠席したのだ。その結果、参加した者はお互いに親しくなり、私は自然と蚊帳の外に置かれるようになったのだろう、と思った。忘年会に参加していない私は、年齢も職業も前職も不詳のままで、かつアルバイト仲間のプライベートに関心がないから無理もない。

 だが、だからといって私は「嫌な目に遭った」ことを後悔していない。これを言うと総スカンを食らうに違いないから口にしないが、「アルバイトの仕事仲間で自腹で親睦を深めて一体何になる?」と思うのだ。社員として働き、年収ウン百万円もらっている仕事なら、飲み会等を通じて人間関係を良好に保つ努力は欠かせないと思う。しかし、私がやっているこのバイトは、年収数十万円にしかならない。しかも、マニュアルとこれまでの勤務経験から、仕事でやるべきことは明確に決まっている。それなのに、「貴重な時間とお金をかけて、人間関係を深めてどうするの?」と思う。時給ベースで収入を得る仕事に不必要に深入りしたくはない  私はそういう価値観、勤労観の持ち主なのだ。

(2017年2月9日記)

« 2017年1月 | トップページ