« 将棋・三浦九段の潔白で感じたこと | トップページ | 妻の風邪と買い物 »

2017年1月 9日 (月)

コミュニケーションの流儀

 昨日は休日出勤をした。休日出勤は義務ではなく、「出られる方は是非……」という呼びかけに応じたものである。業務量が積み上がっているため、人手が多ければ多いほどよいというのが呼びかけた側の考えであろう。朝、平日同様に職場に姿を現した派遣スタッフは、私を含め4人であった。全体の頭数からすれば、多くも少なくもない人数である。

 お昼どき。休日ゆえ、食事ルームは閑散としていた。4人のうち1人は外食に出て、3人だけ中に残った。そのなかの1人(女性)に、「たまには一緒に食べませんか?」と誘われた。「“たまには”じゃなくて、“初めて”が正しいんだけどなー」と心の中でツッコミながら、私は彼女の座るテーブルへ移った。その女性とさして親しくもないもう1人は、同じテーブルの少し離れた席に座って既に食べ始めていた。

 私に声をかけた彼女と、食事をしながら仕事に関する会話をした。お互いに愚痴めいたことも口にしたけど、有意義で楽しかった。しかし10分ほど経って、彼女はスマホを取り出し画面を触り始め、黙ってしまった。家族からの連絡のチェックだろうと思ったが、私はちょっと違和感を覚えた。彼女は突然、一人の世界に籠ってしまったのである。こんなことなら、私はテーブルを移らなければよかったと思った。話をしないのなら、彼女の隣にいる意味がないではないか。

 彼女はスマホの世界から時々戻ってきて、思い出したように私に話しかけてきた。それに反応して私も言葉を発したが、気まぐれにスマホと行き来する彼女のペースに振り回され続けたのである。

 人によってコミュニケーションの流儀は違って当たり前だが、私はこういう昼休みの過ごし方は向いていないことを確信した。話をするのなら、食事をしながらちゃんと会話を楽しみたい。そうならないなら、一人で食べて、その後は昼寝か読書をして過ごしたいと思う。


 
もっとも昨日経験したような、食事ルームがごく少人数のシチュエーションは休日ならではと言え、そうそうないから、あれこれ考えずに平日はまた一人飯に戻るだけである。

(2017年1月9日記)

« 将棋・三浦九段の潔白で感じたこと | トップページ | 妻の風邪と買い物 »

メディア(テレビ・ネット他)」カテゴリの記事

人間関係」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/64742981

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケーションの流儀:

« 将棋・三浦九段の潔白で感じたこと | トップページ | 妻の風邪と買い物 »