« ボールを手放す | トップページ | コミュニケーションの流儀 »

2017年1月 8日 (日)

将棋・三浦九段の潔白で感じたこと

 時間が経っているのでここで改めて書くまでもないが、将棋ソフト利用の不正が指摘されていた三浦弘行九段の潔白が明らかになった。日本将棋連盟のホームページに、昨年12月26日に行なわれた記者会見での谷川浩司会長の会見要旨が掲載されている。玉虫色の決着ではなく、三浦九段は白であるということだから、裏を返せば将棋連盟の動き方、対応に問題があったということになる。

《(不正を調査していた第三者委員会の)報告書では、三浦九段は不正を行っていないこと、常務会が出場停止処分を取ったのは妥当であること、この二つの結論を頂きました。 常務会の判断が妥当だったとは言え、結果的に三浦九段につらい思いをさせてしまいましたことは本当に申し訳なく思っております》
20161227日付『第三者委員会調査結果を受けて』より一部抜粋)

 今回の騒動は、将棋ファンのみならず一般の人の耳目を集めることになった。同じようなことを感じた人が多いかどうか分からないが、私が今強く感じるのは“冤罪”の恐ろしさである。週刊誌の報道の影響により一時は、三浦九段を「相当怪しい」「黒に近い灰色」と見る空気が醸成されていた気がする。

 疑念を持たれて一方的に竜王戦の出場機会を奪われた三浦九段は、今でも憤懣やるかたない気持ちだろうと想像するが、外野から見て意外に思うのは、将棋連盟が三浦九段を呼び出してヒアリングしたにも関わらず、三浦九段は白だという心証を持つに至らなかったことである。棋士仲間という身内の人たちが本人から直接話を聞いているのに、白という感触を得られなかったのはどうしてだろうと思う。

 主だった棋士が集まり、将棋ソフト利用を疑って三浦九段抜きで議論した際、怪しむ声への同調が重なって、疑念が増幅されていったのかもしれない。その場の空気が今回の“冤罪”を招いたのだとしたら……日本のどのような組織、集団でも起こりうる事象で、大変危険なことだと私には感じられた。

(2017年1月8日記)

« ボールを手放す | トップページ | コミュニケーションの流儀 »

将棋」カテゴリの記事

日本・日本人論」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/64734104

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋・三浦九段の潔白で感じたこと:

« ボールを手放す | トップページ | コミュニケーションの流儀 »