« 噂が流れる | トップページ | ボールを手放す »

2017年1月 6日 (金)

聞くまでは訊かないという態度

 年末に姪っ子に会ったと書いた。大学生活のこととか、アルバイトのこととか色々聞いて積極的に会話を広げられなくもなかったが、私は殆どそういうことは敢えてしなかった。というのも、訊かれる彼女が嬉しい、楽しいと感じる話題かどうか、掴めなかったからである。

 おじ-姪の関係に限らず、もっと近い間柄であっても、根掘り葉掘り訊くのは好ましいことではない、と今の私は考えている(若い頃は無遠慮だった)。大学生活が面白くなければ訊かれたくないだろうし、バイトも嫌々行っているなら話をしたくないかもしれない。そういう可能性を考えると、単なる興味本位の安易な質問は人の心を踏みつけかねないと思うからだ。

 訊いていいかどうかの判断の一つのポイントは、その人から“訊いていいよシグナル”が出ているかどうかである。大学の授業について彼女の方から話し始めたら、「少し突っ込んで大学生活のことを訊いてもよさそうだな」という勘が働く。バイトが忙しいと彼女から口にすれば、「どんなバイトなの? どれくらいの頻度で働いてるの?」と訊いても大丈夫だと言えるだろう。

 訊かないという態度は、相手への無関心を必ずしも意味しない。自分の好奇心ばかりを原動力にしたり、ただ間をもたせるために無理やり会話を作るのは、思慮深く成熟した人間でありたいと常々思っている私の価値観に反するのだ。勿論、このことから私自身、他人に訊かれたくないことが沢山あることを言外に(?)匂わせているつもりである。

(2017年1月6日記)

« 噂が流れる | トップページ | ボールを手放す »

人間関係」カテゴリの記事

価値観・性格」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/64730135

この記事へのトラックバック一覧です: 聞くまでは訊かないという態度:

« 噂が流れる | トップページ | ボールを手放す »