« つまるところは人間関係 | トップページ | 将棋トップ棋士VS最強将棋ソフトの対局が実現 »

2016年12月10日 (土)

晩酌の話

 ある時職場で、晩酌の話になった。私はもう半年以上、アルコール類を口にしていない。同僚の女性二人に「私はお酒を飲まないんです」と言うと、意外そうな顔をした。二人は見た目、五十代と三十代の主婦である。


 晩酌をしない私の生活スタイルは、この二人に好感された。お酒にかかるお金を節約できるから、という意味ではない。そうではなくて、旦那が晩酌をすると、夕食の時間が長引くというのだ。つまみを口にしながらビールを飲んで、それから食事……とやっていると、食べ終わるのが遅くなり、食器洗いなどの後片付けにつけが回ってくる。それを二人は、面倒なことと感じているようだった。

 想像だが、家で飲むようにしている男性のなかには、外の飲み屋よりも安上がりで家族から歓迎されている、と思い込んでいる人達がいるのではないだろうか。食後の後片付けが終わる時間の遅早まで、奥様方が気にされているとは、酔いも回って感じていないのではなかろうか。

 それを検証する意味で、一度“休肝日”の日にでも、早く食べ終わって、「今日は僕がお皿を洗うよ」と主夫を買ってでてみてはどうだろう。それを奥さんが大喜びするようならば、日常的な晩酌は本音のところでは歓迎されていない可能性があるかもしれない。

(2016年12月10日記)

« つまるところは人間関係 | トップページ | 将棋トップ棋士VS最強将棋ソフトの対局が実現 »

生活全般」カテゴリの記事

趣味・嗜好」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/64673917

この記事へのトラックバック一覧です: 晩酌の話:

« つまるところは人間関係 | トップページ | 将棋トップ棋士VS最強将棋ソフトの対局が実現 »