« 体調すぐれず | トップページ | 話が流れた予感 »

2016年12月14日 (水)

ピコ太郎さんへの〇〇な質問

 メディア・リテラシーの高くない私がピコ太郎さんを知ったのは、妻が職場で「面白い人がいるって話題になってるよ」と教えてくれたからである。早速ネットで『Pen-Pineapple-Apple-Pen』の動画を探し、あまりの奇抜さ、くだらなさに大笑いした。

 そのうち日が経つにつれて、テレビという旧来型メディアが、ネット発で名前が知られるようになったピコ太郎さんを取り込もうとしているのがよく分かった。番組名は忘れたが、あるテレビはピコ太郎さんにインタビューし、「月収は幾らになりましたか?」という質問をしていた。レギュラー番組を持ち安定的に稼いでいる先輩芸人が、ブレイクしたものの“一発屋”と揶揄されるお笑い芸人に向かって、「君、あの時幾ら稼いだの?」と質問する、ありがちな構図を私は思い出した。

 幸いなことに、ピコ太郎さんは今年10月の月収を訊かれていたため、「まだゼロ円です」と回答して切り抜けていたが、他人の収入金額を聞き出して、その情報を売るやり方は、いくら視聴者の関心事とはいえ、なんだか卑しく思えてならない。訊く側が「自分はこれだけ稼いでいるけれど」と自分の情報を開示してから訊くのならまだ分かるが、「あなたのテレビの露出を増やしているんだから、それくらい言って当たり前」といった態度はいかがなものかと思う。

 質問者のこういう態度を何と称するのが適当なのだろう。“はしたない”も“卑しい”もいいが、私の中では“下衆な”というのが、今のところ一番しっくりする。もっと適当な形容詞がありそうな気がするが思いつかず……ここで少し問題だと思うのは、私たちがこういう態度を糾弾する言葉の扱いに慣れていないということである(慣れていれば、先の質問はもっと嫌悪されるようになると思うのだが)。

(2016年12月14日記)

« 体調すぐれず | トップページ | 話が流れた予感 »

メディア(テレビ・ネット他)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

言葉について」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/64675707

この記事へのトラックバック一覧です: ピコ太郎さんへの〇〇な質問:

« 体調すぐれず | トップページ | 話が流れた予感 »