« 「髪切ったんだ」に続く言葉 | トップページ | 手抜きをした年末年始の挨拶 »

2016年12月29日 (木)

仕事納め

 仕事納めの日だった。私のお世話になっているところは業務が多く、この日も残業が早々に決まったが、夕方社員の方に、「食べ物、飲み物を向こうに用意してありますので、よかったらぜひ……」と勧められた。そこで五時半頃に同僚みんなで立ち寄ることになった。年末恒例のささやかな打ち上げの会で、去年も誘われたと記憶している。

 ただ、去年はそこに近づかなかった。行っても仕方がないと思ったからだ。今年はというとちょっと状況が違う。来年からこの職場にもっとお世話になるかもしれないと思うと、顔を出してみようという気になった。

 行ってみて拍子抜けした。テーブルにはお寿司や各種オードブル、スナック、ビールやジュース類が置いてあったが、まだ自分たち以外、どこの部署の人の姿もなかった。時間が早すぎたようだった。私は不思議と安堵の気持ちが広がるのを自覚した。

 私が契約社員になるという話は、責任者と口頭でやりとりをした状態のまま、越年が確定した(越年なんて、プロ野球選手の年棒交渉みたいだ)。私は一カ月近く前に応諾したが、何も書類は取り交わしていないから、このまま話が流れることだって十分考えられる。

 来年の自分はどうなっていくのだろう。世の中の流れや環境に身を任せるというのは主体的な生き方ではないが、それも選択肢の一つと言っていいのではないか。あまり尖がらずに生きていく-というのが今の私にはしっくりする処世術である。

(2016年12月29日記)

« 「髪切ったんだ」に続く言葉 | トップページ | 手抜きをした年末年始の挨拶 »

生き方・人生論」カテゴリの記事

職業観・勤労観」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/64698261

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事納め:

« 「髪切ったんだ」に続く言葉 | トップページ | 手抜きをした年末年始の挨拶 »