« お菓子配りおじさん | トップページ | 男の年齢 »

2016年11月19日 (土)

うちのバカ息子

 職場での昼休み、私はよく昼寝をする。といっても、ベッドがあるわけではないから、持参したお弁当を食べた後、自席で突っ伏して寝るだけである(それでも、20分でもウトウトできると身体が楽になる)。

 もっとも、人の声に邪魔されて、眠りに入れないことも稀ではない。先日、まさにそういう日があった。目を閉じて寝ようとしていたところ、背後から女性の会話が聞こえてきた。話題はというと、子どもの教育及び学校についてである。行き交う会話はだいたい小声だったため、完全な文章が頭に入ることはなかったが、一つだけ、一人の女性が語気を強めて口にした発言が正確に耳に届いた。

「うちのバカ息子、全然勉強しないんだよ」

 酷いことを言うもんだなあ、と思った。職場の人間関係はママ友の付き合いとは切り離されているから、自由にものを言いやすい部分はあろうが、これでは子どもが可哀そうである。もしそんな発言を子どもが知ったら、親に激しく反発し軽蔑するに違いない。

 思うに、世の親は子どもの自主的な勉強に期待しすぎではないだろうか。私に言わせれば、子どもが満足に勉強しないのは、(1)親にそもそも知的好奇心が欠けている、(2)親に勉強のノウハウがない(だからやり方を教えられない)、(3)勉強することのメリットやリターンを親が伝えきれていない、(4)子どもが生来勉強の才に恵まれていない、といった要因が複合的に作用した結果であろう。親にもかなり原因があると思うのである。

 その日家に帰った私は、以上の分析は横に置いておいて、「うちのバカ息子、全然勉強しないんだよ」というくだりを中心に妻に報告した。すると妻は、これをただ面白そうに聞き流すことはしなかった。こう反応したのである。

「その人のところへ行って、「お宅のバカ息子にも何かいいところがあるんじゃない?」って言ってあげればよかったのに」

 「言えるかい!」と私は返した。親が自分の子どもを“バカ息子”と呼んでも、他人から“バカ息子”と言われれば、穏やかではいられないに違いない。私は妻の毒舌によって、ハッと気づかされた。“バカ息子”は一種の謙譲表現だったのだ。先の母親は、自分の息子を貶めることで、子どもを持つ周りにいた女性たちを持ち上げて気持ちよくしたのである。

 ここで私は気になり始めた。我が細君は外で「うちのバカ夫が……」と言い放ったリしていないだろうか。私は妻の愛情を信じているが、とにかく毒舌……ゆえに真相は分からないままである(知らない方が幸せか)。

(2016年11月19日記)

« お菓子配りおじさん | トップページ | 男の年齢 »

」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

言葉について」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/64622173

この記事へのトラックバック一覧です: うちのバカ息子:

« お菓子配りおじさん | トップページ | 男の年齢 »