« 『あとは死ぬだけ』 | トップページ | 将棋・三浦九段が不正疑惑を改めて否定 »

2016年10月17日 (月)

人生初めてのオシャレ

 このところ、ずっと頭から離れないことがある。髪を染めに行こうかどうかと悩んでいたのだ。身体も頭は自然のままが一番だと私は考えてきたのだが、将棋のトップ棋士・羽生善治三冠が《気分転換に》と髪を染めたのを機に(?)、巷の不調説を一蹴するかのごとく勝ちだしたので、そんなに気分が変わるものかと思ったのがきっかけである。

 男性で四十代に染め始める人は多いのかもしれない。いつだったか、私と同世代の川上量生さん(ニコニコ動画を運営している株式会社ドワンゴの経営者)が髪を染めている様子が、NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』で流れていた。川上さんは「真っ黒にするのはいかにも“白髪染め”という感じがするので……」と、少し茶系の色を選ばれていた。どういう色にするかは人の好みだが、加齢とともに白くなる一方の頭に色を入れるのは、ちょっとしたオシャレとしていいと思った。

 私がこんな話題を取り上げたのは、もう行く気持ちを固めたからである。普段は床屋で15分程度カットしてもらって済ませる私が、お店を変えて「染めたいのですが……」と言うつもりになっているのは、自分でも不思議である。人生初なので、とても緊張しそうな気がする。今日行く決心をしたわけだが、これは明日妻が美容院に行く予定があるからというのが一つ。そして二つには、うじうじと「この髪どうしようか、染めようかなあ」と頭を悩ませ続けている自分に嫌気がさしてきたためである。

(2016年10月17日記)

« 『あとは死ぬだけ』 | トップページ | 将棋・三浦九段が不正疑惑を改めて否定 »

健康」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

将棋」カテゴリの記事

趣味・嗜好」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/64367917

この記事へのトラックバック一覧です: 人生初めてのオシャレ:

« 『あとは死ぬだけ』 | トップページ | 将棋・三浦九段が不正疑惑を改めて否定 »