« 今のリーダーに欠けがちなもの | トップページ | 体裁の重要性 »

2016年9月29日 (木)

自生する食材

 27日(火)の『工作と料理』で《鮮魚や肉など、生の食材を扱うのを気持ち悪がらないのは、生き物好きのおかげ》と書いた。さすがに虫は食べる気がしないが、自然の中で育っている植物を採って食べることには全く抵抗がない。

 8月下旬に実家に泊まって庭の手入れをしている時、みょうがが生えているのを発見した。母に聞くと、昔庭に植えた後、勝手に根を伸ばして自生するようになったらしい。高齢の母は庭に出るのが少々億劫になってきているから、私が見つけたというわけである。

 みょうがはクセがあるので嫌いな人が多いようだが、私は大人になって味にも匂いにも慣れてしまった。それで採取したみょうが(写真ご参照)を母にお酢でキュウリと一緒に和えてもらい、早速その日の晩に食したのだった(美味であった)。

Photo

 庭で見つけた食材は他にもある。こちらは採らなかったが、長年の雨水によりできたコンクリートのひび割れ部分に、パセリが生えていた(写真ご参照)。母によると、パセリは自然に種が落ちて広がっていくとのこと。みょうがやパセリなど、食材はスーパーなどで購入するのが都市生活者では当たり前だが、土と光と水があれば自生するものがあるのだ(実家では、大葉(しそ)やニラも育っている)。将来私が庭付きの戸建てに住むことがあれば、こういう食材の調達方法も日常生活に取り入れたいと思う。

Photo_2

(2016年9月29日記)

« 今のリーダーに欠けがちなもの | トップページ | 体裁の重要性 »

生活全般」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

親・実家」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/64276844

この記事へのトラックバック一覧です: 自生する食材:

« 今のリーダーに欠けがちなもの | トップページ | 体裁の重要性 »