« 巨泉さんの訃報に接して | トップページ | あなた »

2016年7月21日 (木)

将棋・藤井聡太三段が快走

 将棋のプロ棋士になるための最後の関門『三段リーグ』で、藤井聡太三段がトップに立った。まだ13歳と若く、久しぶりの中学生棋士を期待する声が徐々に高まりつつあるなか、今月17日に行われた対局で連勝し通算10勝3敗、参加29人中単独トップとなっている。残す対局は5局。このまま崩れなければ、逃げ切る可能性が十分ありそうである。

 調べたわけではないが、中学生棋士というだけでも将棋界では極めて珍しいのに、初参加の『三段リーグ』を一期抜けとなれば、おそらく史上初の快挙だろう。棋士になる前の今の時点で、あの羽生善治さん以来の大器の匂いがする。

 藤井聡太さんの快走を知り、妻のボルテージも上がってきた。どうも女性は、若くて将来有望な男子の成長を応援するの好きなようだ(フィギュアスケートの羽生結弦選手に声援を送る女性が好例)。藤井さんが四段に昇段すれば、力の衰えを隠せない年長の棋士たちを相手に高勝率で勝ちまくりそうだから、妻は安心して応援できるということになる。ということで、妻と二人、羽生善治さん以来のスーパースター誕生を今から心待ちにしている。

(2016年7月21日記)

« 巨泉さんの訃報に接して | トップページ | あなた »

」カテゴリの記事

将棋」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/63975637

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋・藤井聡太三段が快走:

« 巨泉さんの訃報に接して | トップページ | あなた »