« 舛添都知事の記者会見(6日)に思う | トップページ | 小2男児のたくましさ »

2016年6月 8日 (水)

妻の決心

注目していた今月3日の将棋棋聖戦第1局。羽生善治棋聖が挑戦者の永瀬拓矢六段に敗れた。五番勝負の初戦を落としたのは痛いが、内容もいま一つだったようだ。今回の敗戦で羽生さんは、公式戦6連敗となった。通算勝率7割超を誇る羽生さんにとって、これは恐らく連敗のワースト記録だろう。来週末の棋聖戦第2局に向け、今後短期間で立て直せるか、ファンとしてはとても心配である。

 
第1局の結果を妻に伝えた時、予想されたことではあったが、妻はがっくりときた。そして暫くして、こう宣言した。

「あたし、羽生ちゃんを応援するの、やめる。将棋はもう観ない」

 妻曰く、羽生さんの敗戦の報を聞くたびに、胸が痛くなり耐えられないという。私はそこまで辛くはならないが、将棋と距離を置きたくなる気持ちはよく分かる。ファン心理はそういうものだと思う。妻の変化を受けて私は、日本将棋連盟のホームページで発表される棋士の対局結果を妻に逐一報告するのを控えることにした。言えばまた、羽生さんのことを思い出すに違いないからである。

 毎週日曜日は、NHKの将棋トーナメントが放送される日で、今月5日は私が子どもの頃から大好きな谷川浩司九段が対局者だった。いつもなら、遅くとも翌月曜日には、録画した対局を再生して観るのだが、今週はグッと我慢してまだ観ていない。谷川九段の勝ち負けが気掛かりだが、妻が家にいない時間を見計らって、ひっそりと観るしかないと思っている。

(2016年6月8日記)

« 舛添都知事の記者会見(6日)に思う | トップページ | 小2男児のたくましさ »

」カテゴリの記事

将棋」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/63750908

この記事へのトラックバック一覧です: 妻の決心:

« 舛添都知事の記者会見(6日)に思う | トップページ | 小2男児のたくましさ »