« 金の亡者 | トップページ | 病院離れ »

2016年5月 8日 (日)

カモシカとインパラ

 ブログにネタを提供してもらったからといって、私は妻に金品を渡したことはない。しかし、サービスなら日頃からかなり提供していると自負している。妻は近いうちに同窓会を控えており、このところ体型にちょっぴりナーバス。それで体を細くするために散歩や腹筋など日々努力しているのだが、私もそれに一役買っているのだ。具体的には、二日に一度ほどの頻度で、妻の身体をマッサージしている。

 
私は本音のところで、「マッサージしても体は細くならない」と思っているのだが、妻は「痩身マッサージって言葉、あるじゃない?」と少なからず期待をかけている。そして私が足を揉むたびに、布団にうつ伏せになった顔から、「カモシカの足にして!」「インパラでもいいよ!」「もうカモシカになった?」と声をあげるのである。

 カモシカの足とインパラの足のどちらが細いのか私は知らないが、愛妻家の私は一生懸命揉んであげる。時々、「足よりもウエストを意識して細くした方が、見た目が良くなるんじゃない?」と提案するのだが、妻は「足は絶対に人から見える場所なんだから」と言って譲らない。なので、太ももとふくらはぎははずせない部位なのだ。

 妻のマッサージを始めてどれくらいの日数が経つだろうか(ちゃんと記録しておけばよかった)。私の“腕”を評価した妻は、私に『もーさん』とあだ名を付けた。“揉む”の‘も’と“藻”(←私の濃いひげを指している)の‘も’を掛けた愛称である。昼間から妻が、「今日はもーさん来てくれるの?」と甘えた試すような声で聞いてくることがある。そうなれば、夜は必ず『もーさん』の出番となる。

 同窓会が終われば、『もーさん』は要らなくなるのだろうか。それとも、今後何年も続けてほしいのだろうか。今は「もーさん大好き!」と言われることもあるため、この質問、怖くてまだ妻に聞けないでいる。

(2016年5月8日記)

« 金の亡者 | トップページ | 病院離れ »

健康」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

生活全般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/63575138

この記事へのトラックバック一覧です: カモシカとインパラ:

« 金の亡者 | トップページ | 病院離れ »