« 減ってしまった(?)待つ楽しみ | トップページ | バンズがない »

2016年4月18日 (月)

素直なおばさん(?)

 2月29日(月)のブログ『卑屈なおじさんと偏屈なおじさん』で、仕事の最終日にお菓子を配って回った男性の派遣スタッフのことを書いた。私はそれを受け取らないという奇行に出たわけだが、まずはその時のやりとりを再掲しよう。

男性:「(この職場は)今日が最終日なんです」(と言って、お菓子を差し出してきた)

私:「あ、いいです。ちょっとお昼を食べすぎてお腹がいっぱいなので」

男性:「今じゃなくていいです。おやつで結構ですから」

私:「いや、おやつを食べる習慣もないので……」(と言って、受け取らず)

 
このやり取りを帰宅後に妻に話したところ、「そんなの、(お菓子を)素直に受け取ればいいじゃない」と言われたわけだが、先月だったか、妻も対応を試される機会があったという。妻が仕事をしていた職場で、その日が最終日という派遣の女性が近づいてきた。妻曰く、一緒に仕事をしたことはなく、顔は知っているが名前は分からない人である。

女性:「今日が最終日です。お世話になりました」(と言って、チョコレート菓子を差し出してきた)

妻:「あ、わざわざどうもありがとうございます」

(妻の心の声:「あたし、あなたのこと知りませ~ん。まあいただきますけどー」)

 “妻の心の声”の部分は、家に帰って妻が私に明かした、笑える本音なのだが、お菓子を受け取った妻の反応の方が私よりも真っ当である。私を偏屈なおじさんとすれば、妻は素直なおばさんと言っていいだろう。いや、“おばさん”はまずそうだ。含みを持たせて、“おばさん(?)”にしておこう。こう表記しておけば、将来逆鱗に触れることはないはずだから(と勝手に思っている)。

(2016年4月18日記)

« 減ってしまった(?)待つ楽しみ | トップページ | バンズがない »

人間関係」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/63498995

この記事へのトラックバック一覧です: 素直なおばさん(?):

« 減ってしまった(?)待つ楽しみ | トップページ | バンズがない »