« 風邪の治療観(下) | トップページ | “絶対王者”はご引退を »

2015年12月22日 (火)

「あ、いいんです」の意味

 12月中旬某日。職場でほんの少し残業をして、まさに帰ろうとしていた時のこと。いつも仕事でお世話になっている女性社員(以下、社員)に出入り口でIDカードを手渡してエレベーターに向かおうとしたところ、呼び止められた。

社員:「柏本さん、2X日の夜、時間ありますか?」

私:「えーっと……」(即答できずにまごつく)

社員:「2X日は出勤ですよね」

私:「確かそうだったと思いますが、かみさんに確認しないと……」

社員:「あ、いいんです。いいんです」

 そう言って、社員の方は去っていってしまった。2X日は、この会社の仕事納めの日である。「何か打ち上げでもするのだろうか。人数から言って派遣スタッフ全員に声掛けするとは思えないが……私など誘われるべき人間でもないのに……誘われてもプライベートなことは話せないし……質問攻めされてもなあ……好意でも持たれてるのかな」と思いながら、帰路についた。いや、これは私の勝手な妄想である。考え過ぎに違いない。それにしても、あの「あ、いいんです」は一体何だったのだろう。心の中にはまだもやもやが残っている。

(2015年12月22日記)

« 風邪の治療観(下) | トップページ | “絶対王者”はご引退を »

人間関係」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

職業観・勤労観」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/62905926

この記事へのトラックバック一覧です: 「あ、いいんです」の意味:

« 風邪の治療観(下) | トップページ | “絶対王者”はご引退を »