« おにぎらず(上) | トップページ | 風邪の治療観(上) »

2015年12月18日 (金)

おにぎらず(下)

 おにぎらずの感想である。美味しかった。とても美味しかったのだが、期待していた何かが欠けていると感じた。それは考えるとすぐに分かった。おにぎりには必ずある海苔の存在感が希薄だったのだ。おにぎらずは、いきおい中に詰める具材に凝ることになるせいか、海苔が具材の味に負けてしまっているように私には思えた。

 愛妻に、正直に以上の感想をメールした。その日帰宅してからもまずは「美味しかったよ」と改めて伝えた(私、マメでしょう?)。果たして妻は私のフィードバックをどう受け取っただろうか。変に曲解されて、もう二度とおにぎらずなんて作らないって言われたら嫌だなあと心配になった。でもひょっとすると、私は治っていない風邪のせいで味覚が落ち、海苔の味が十分にしなかったのではないか……という気もする。妻の本音を探れないまま、二日ほど過ぎた。

 昨日だったろうか、妻が何かの折にこんなことを言った。

「おにぎらずは、具材を前の晩にもっときちんと用意しておけば、朝は楽に作れるわ」

 よかった。妻のおにぎらず熱はまだ冷めていなかった。少なくとも最低もう一回は食べることができる(はずである)。その時は、風邪など克服して、万全の体調で臨まねばなるまいと思う。

(2015年12月18日記)

« おにぎらず(上) | トップページ | 風邪の治療観(上) »

」カテゴリの記事

生活全般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/62883261

この記事へのトラックバック一覧です: おにぎらず(下):

« おにぎらず(上) | トップページ | 風邪の治療観(上) »