« お金の問題じゃない | トップページ | 変わらない私 »

2015年11月 8日 (日)

模擬試験結果という遺物

 最近まで実家に残っていた“私物”に、模擬試験の結果がある。私が高3生、浪人生だった時に受けた成績結果である。駿台、河合塾、代々木ゼミナールなどが実施したものが、相当数見つかった。私は浪人時代、試験本番に向けて試験慣れするために、毎月のように受けたのをはっきり覚えている。

 昔を懐かしむ気持ちになるかなと思って、変色した紙をめくっていたのだが、段々と気分が沈んできた。良くない成績が並んでいて、うんざりしてきたのである。特に現役の頃はひどく、志望大学の合格可能性は“D”や“E”判定ばかりで散々であった。眺めて楽しくないものは処分しよう、そう思って全てシュレッダーにかけた。一昨日のことである。

 三十年近く前の模試の結果は、後生大事にとっておいたものではない。単に捨てるきっかけがなく、実家に置きっぱなしになっていたものだ。今は母に、家の中の整理整頓を勧めることがある私も、人のことを言うことはできないと思った。実家にも、今住んでいる家にも、私の要らないものはまだ残っているかもしれない……。年末の大掃除など待たずに、どんどんモノを減らしていこう、日頃から色々なものを溜めこまない習慣を身に付けようと、模擬試験結果という遺物との決別を機に、私は柔らかな決意をした。

(2015年11月8日記)

« お金の問題じゃない | トップページ | 変わらない私 »

教育」カテゴリの記事

生活全般」カテゴリの記事

親・実家」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/62647935

この記事へのトラックバック一覧です: 模擬試験結果という遺物:

« お金の問題じゃない | トップページ | 変わらない私 »