« 悩ましい忘年会のお誘い | トップページ | 女性は忘れない »

2015年11月18日 (水)

線路内立ち入りにより……

 しばしば体験することだが、この間、朝職場に向かう電車が突然減速し、動かなくなった。そして車内放送が流れた。

「線路内に人が立ち入ったため、安全確認のために停車致します。ご迷惑をおかけし申し訳ございません」

 これを聞いて私は、「始業時間にまた間に合わなくなるな」と思った。いつも始業10分前には職場に到着することにしているのだが、前を走る電車も全てストップしたため、運転再開で順次走り始めたとして、少なくとも10分以上かかると思われたのである。

 そして実際、現実は私の予想した通りになった。職場には約10分遅刻し、タイムシートにその旨を記載せざるをえなくなった(駅発行の遅延証明書があってもタイムシートには関係がない)。数百円の収入減は甘受せざるをえないが、この遅刻は自分に直接の非がないだけに、気持ちは不本意である。

 その日は帰宅すると早速妻にこの一件を報告し、「誰か持ち物を線路に落として、拾いに下へ降りたのかなあ」と口にしたところ、予期せぬ反応が返ってきた。

「きっと車内にいた痴漢がホームから線路へ逃げたのよ」

 妻は昔、テレビ番組で“線路内立ち入り”というのは大抵“主犯”は痴漢であるという情報に接したことがあるらしく、妻自身もそういう理由で乗っていた電車が遅延した経験があるという。一般に「人身事故での遅延」と聞くと、人が電車に飛び込んだのを想像するが、「線路内立ち入りでの遅延」で多い原因が痴漢だとは知らなかった。

 折しも、別の日にある電車で、車内の電光掲示のテロップに「イノシシとの衝突による車両不具合により……」というお知らせが流れた。動物の名前まで挙げてここまで具体的な状況説明をできるのなら、線路内立ち入りについても「痴漢が線路に逃げたため……」と明らかにしてしまってもいいのではないか、そのように感じた。そう説明すれば、痴漢は世の女性の敵のみならず、私のように迷惑に憤りを覚える男性も痴漢を目の敵にするようになり、捕まえやすくなると考えられるからである。

(2015年11月18日記)

« 悩ましい忘年会のお誘い | トップページ | 女性は忘れない »

」カテゴリの記事

社会全般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/62725187

この記事へのトラックバック一覧です: 線路内立ち入りにより……:

« 悩ましい忘年会のお誘い | トップページ | 女性は忘れない »