« 「挨拶がない」 | トップページ | 昨今の人生相談事情 »

2015年10月27日 (火)

妻とのメール

 ガラケー同士ではあるが、普段から妻とはよくメールでやりとりをする。離れた場所にいるとき、お互いに元気にしているかどうか、これからどういう予定で過ごすのか等々を知らせ合うのである。そして、どちらかが外出して別々の場所で寝る日には、寝る前に「おやすみなさい」を言うために、一方が携帯を鳴らす時間を事前にメールで決めるのが、私達の流儀になっている。

 こう書くと、事務的なメールのやりとりをしているかと言えば、さにあらず。妻はメールでも、遊び心満載で私の反応を楽しもうと仕掛けてくることがある。私は以前、従姉Mさんから届いた関西弁の躍る楽しいメールを妻に見せていたのだが、妻はそこにヒントを得たのだろう。十月某日夜、泊まる予定で実家に帰っていた妻からメールが来た。ちなみに翌朝、私は予定があって早起きしなければならないという設定である。

【妻と私の往復メール小劇場】

妻:「明日は何時起きかな?早く寝るなら電話早めにするから、時間指定ください。」

私:「じゃあ朝6時にお願いしようかな。モーニングコール頼みま~す。」

妻:「ちゃうちゃう。おやすみの電話でんがな。」

私:「夜の電話のことだったね。10時頃かな。」

妻:「ほな、22時に(_)// 」

私:「いつから関西人になってん!」

妻:「○○○タイムでんがな。」

(注)“○○○”には従姉Mさんの名前が入る。

 
このように、関東出身の妻がなぜ関西弁を使いだしたのか、それが分からないままメールが続いたのだが、妻が従姉Mさんになりきっていたことが、最後の最後に分かるという仕掛けであった。以上のメールは削除するには惜しく、妻に言わずにひっそりと(?)ブログに使おうという気になった。

 
たかがメールの世界だが、こうした妻のいたずらを、私はひとり、苦笑いを浮かべながら歓迎してしまっている。私たちは珍妙な夫婦なのかもしれない(従姉Mさん、内輪で勝手に妻がなりきらせて頂きすみませんでした。この場を借りて深く(?)お詫び申し上げます)。

(2015年10月27日記)

« 「挨拶がない」 | トップページ | 昨今の人生相談事情 »

ブログ」カテゴリの記事

メディア(テレビ・ネット他)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/62553993

この記事へのトラックバック一覧です: 妻とのメール:

« 「挨拶がない」 | トップページ | 昨今の人生相談事情 »