« 表情から読み取れるもの | トップページ | 自意識過剰な私(その後) »

2015年6月12日 (金)

『右手ほくろの会』(その後②)

 『右手ほくろの会』についてその後を報告しよう……と思ったが、何もあるはずがない。が、派生して生まれたものが出てきた。絶好調な時の妻は私の手に負えない。今日はそんな話である。

 
ちょっと恥ずかしい習慣だが、私は外出する際、家を出る前に鏡の前に座って、妻に髪を整えてもらっている。寝起きに髪が乱れていることがあるからである(寝相が悪かった後の朝は、後ろ髪がよく飛びはねている)。、ある朝のこと。いつものように私の髪を水で濡らして櫛でといてくれていた妻は、突然閃いたらしい。私の後頭部に向かってこう言ったのである。

「羽生ちゃんと『後ろ髪はねるの会』を作ればー?」

 ピンとこない方のために解説させて頂くと、羽生さんはタイトル戦の大舞台でも、朝対局室に姿を現した時、寝癖で後ろ髪がはねていることがよくあるのである(←将棋ファンの間では広く知られた情報です)。妻は、思いがけず羽生ちゃんと私の共通点を見つけたことで、満足した表情を浮かべたのだった。

 
『後ろ髪はねるの会』に“次の一手”はなく、未来永劫実態のない会であり続けるが、この思いつきに妻が満足であるならば、まあよしとしよう。

(2015年6月12日記)

« 表情から読み取れるもの | トップページ | 自意識過剰な私(その後) »

」カテゴリの記事

将棋」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/61720442

この記事へのトラックバック一覧です: 『右手ほくろの会』(その後②):

« 表情から読み取れるもの | トップページ | 自意識過剰な私(その後) »