« 結婚は○○○○○である | トップページ | 人身事故の余波 »

2015年5月19日 (火)

結婚は○○○○○である(続き)

 昨日の“結婚はギャンブルである”は、夫婦の3組に1組が離婚すると言われる時代に符合していると思う。結婚は当初の見立て通りには、なかなか進まないのが現実である。一般に、結婚が上手くいかない理由として、しばしば価値観の相違が挙げられる。が、私は、夫婦は基本的に違っているのが当然であって、価値観よりも相性の方がはるかに大切だと考えている。逆説的な言い方だが、タイプの違う人間同士だからこそ相性がよく、夫婦円満になるケースが多いと思うのである。

 こう書いてきて、手の平を返すようで恐縮だが、夫婦間で一致していた方がいい価値観も存在する、と最近考えるようになった。一致が望ましいものには、「金銭感覚」、「時間感覚」、「清潔感」がある。最初の「金銭感覚」は分かりやすい。金遣いが荒いか、倹約志向どうかのギャップが小さいほど、夫婦仲は上手くいきやすい。最近は、夫がお金の使い方にシビアな一方、妻が贅沢にお金を使うケースもあるから、昔のように<男性⇒浪費家⇒不仲の原因>という単純な図式で割り切ることは困難である。

 二点目の「時間感覚」は、ひと言でいうと、時間を守る人か、時間にルーズな人かという違いである。時間は守るのが当たり前の人にとっては、平気で遅れる人、それを改善しようとしない人は我慢ならない、という気持ちが募っていくだろうと思う。

 三点目の「清潔感」は、きれい好きかどうかということで、付随して整理整頓にもかかわるポイントである。きれい好きな人にとっては、部屋をちらかしたり掃除をしない相手はストレスの元になると考えられる。この場合は、上手くどちらか片方の「清潔感」に寄せないと、不仲の下地になる可能性があろう。

 我が家はというと、幸いなことに、以上の三点につき大きな差異は生じていない。ピッタリ一致とはいかないが、お互い許容範囲の中に収まっているように私は感じている。しかし、これは結婚した後に分かったことで、偉そうに語れるものではない。その意味でもやはり、“結婚はギャンブルである”。

(2015年5月19日記)

« 結婚は○○○○○である | トップページ | 人身事故の余波 »

価値観・性格」カテゴリの記事

生き方・人生論」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/61585430

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚は○○○○○である(続き):

« 結婚は○○○○○である | トップページ | 人身事故の余波 »