« 私が会社員に向かなかった理由 | トップページ | 私は「おじちゃん」 »

2015年4月24日 (金)

○○○な成功

 昨日は最後に、「自分の内なる声を聞く」ことについて書いた。これに関連するのだが、最近様々な書籍やメディアに触れるなかで、“成功”という言葉が飛び交っているのが少し気になるようになった。言葉として頻出していると感じるのは、例えば“成功法則”、“成功の秘訣”、“成功者は~”である。

 もちろん、“成功”を扱った自己啓発本、指南本の類は昔からあり、目新しいトレンドでは決してない。ただ、私の頭の中で気になり始めたというだけである。そこで「なぜ気になるのかなあ」と数日間考えて、ようやく結論らしきものに辿り着いた。私たちが追い求める“成功”には、“○○○な成功”と言い換えてよいものが多分に含まれているだろう、という気付きを得たのである。

 わざわざクイズのような迂遠な書き方をしてしまったが、答えは“世俗的な成功”である。有名になる、お金持ちになる、社長になる、難関大学に合格する等々、将来の目標を定めて邁進するのはいいが、そのゴールたる“成功”は、実は当人が心から純粋に欲しているものではなくて、周囲が、世間が高く評価してくれるものだからという見方が作用して欲している可能性がある。“成功”の二文字は、“世俗的な”という枕詞が隠されたまま、私たちを駆り立てていることがあるのである。

 例えば、一流と言われる企業に入社したとか、難関大学に入学した人が、明らかに“成功”したはずなのになぜかもやもやした感じを抱いたり、十分な満足感を得られていなかった場合には、“世俗的な成功”を収めたが、“心の内側から求めていた成功”とはズレがあったということかもしれない。

 「自分の内なる声を聞く」というのは、自分自身をチェックする作業である。私たちは、必ずしも自分自身を正しく知り尽くしているわけではない。潜在的な意識はなかなか見えないし、他人の考え方・意見をあたかも自分のものとして使い回していることもあろう。頻繁にというわけにはいかないが、たまには一日何もせず、外界の情報を遮断し、自分自身とだけ対話をして、自分の内面、気持ちの棚卸しをしてはどうだろうか。そんなことを考えた数日であった。

(2015年4月24日記)

« 私が会社員に向かなかった理由 | トップページ | 私は「おじちゃん」 »

価値観・性格」カテゴリの記事

幸福論」カテゴリの記事

生き方・人生論」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/61472928

この記事へのトラックバック一覧です: ○○○な成功:

« 私が会社員に向かなかった理由 | トップページ | 私は「おじちゃん」 »