« 資格試験を終えて | トップページ | 言葉の無駄遣い »

2015年3月14日 (土)

大切な方を失って

 実は一週間近く、塞ぎこんでいる。先日、とても大切な方が突然亡くなってしまった。数か月前にお会いした時には普通に生活をなさっていたのにと思うとただただ悲しく、人生なんて結局悲しみしかないのではないかという気さえする。お元気だった頃にかけて頂いた肉声が、まだ記憶の中にはっきりと生きている。もう二度とお話することができないなんて今でも信じられない。

 予想だにしない別れ方になったことから、「いつでも言えるんだ」と高を括って温めていた感謝の気持ちを言えないまま終わってしまった。その方がいらっしゃらなければ、私は妻と出会うことはなかったのだ。今の私の満足感、幸福感の多くは妻と一緒にいることによってもたらされているから、感謝の念はずっと持ち続けていたのだが、伝える機会を永久に失ってしまった。

 
「いつか……」なんて悠長に構えていたから、こんなことになってしまった。その方にはもやは心の中で感謝とお詫びを申し上げるしかないのだが、現世で私が今からできることは、自分がお世話になっている方々に、もっと素直に感謝の気持ちを表すことだと思うようになった。妻との関係性も例外ではない。どちらかが不慮の事故等で旅立ってしまう可能性もゼロではないため、今まで毎日夕食時に、単なる「いただきます」ではなく、「今夜も一緒にご飯を食べられることに感謝します」と二人で手を合わせてから食事を始めてきたのだが、これでも足りないのかもしれない。そこで日々、もっと妻に温かい言葉をかけるようにしようと思っている。そしてそれが、亡くなった方へのせめてもの罪滅ぼしにもなることを願っている。

(2015年3月14日記)

« 資格試験を終えて | トップページ | 言葉の無駄遣い »

人間関係」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/61281968

この記事へのトラックバック一覧です: 大切な方を失って:

« 資格試験を終えて | トップページ | 言葉の無駄遣い »