« 福島県の中間貯蔵施設に思う | トップページ | 家庭におけるマルチタスク化 »

2015年3月19日 (木)

時間を自分の好きに使う

 今月16日に、平成26年分の確定申告の期間が終わった。私は今回初めてパソコンで申告書を作成し、税務署のポストに投函して完了。年に一度の作業だが、年々スムーズに出来るようになっている。

 おそらく例年そうだろうと思うが、今回も申告会場によっては、2、3時間の待ち時間が発生したようである。これは、確定申告の仕方が分からない、税額の計算に自信がないといった人が大勢いて、相談から受け付けてもらえる会場に押し寄せることが原因である。

 それにしても、申告のことで頭を悩ませた上に、2、3時間も待たされるというのは、なんともったいないことかと思う。人の価値観のことだから、他人がとやかく言うことではないが、もっと時間を自分の好きに使うことにこだわってもいいのではないだろうか。少なくとも一度、長時間待たされれば、「もうこりごりだ」と感じて、次からは対策を練っていいと思う。

 「申告作業はとても面倒で、しかも十分な時間がない」と愚痴りたくなる向きもあるだろうが、こと確定申告の期間について言えば、国税庁に分があるという気がする。申告する人は、年明けから準備ができ、申告も2月中旬~3月中旬までの1ヶ月受け付けられるのである。延べにすれば、2ヶ月半の時間的猶予が与えられていることになる。これは、殆どの人にとって申告に必要な時間があてがわれていると言っていいだろう。

 
しばしばビジネス書に書いてある「時間を有効に使おう」というメッセージは、説教じみている感があって少々抵抗があるが、「時間を自分の好きに使おう」ならば、私は大いに納得できる。時間は永遠に流れるものだろうが、自分の時間は永遠ではない。だから時間は自分のために、自分の好きに使わないともったいないと思うのだが、これは歳のせいであろうか。

(2015年3月19日記)

« 福島県の中間貯蔵施設に思う | トップページ | 家庭におけるマルチタスク化 »

価値観・性格」カテゴリの記事

生き方・人生論」カテゴリの記事

生活全般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/61307510

この記事へのトラックバック一覧です: 時間を自分の好きに使う:

« 福島県の中間貯蔵施設に思う | トップページ | 家庭におけるマルチタスク化 »