« トヨタ自動車と内村鑑三 | トップページ | コンビニ弁当に思う(その1) »

2014年8月20日 (水)

クラス会

 先日、長らく会っていない学生時代の友人T君からメールが来た。ウン十年ぶりにクラス会を開く話があるという。構わなければ、その案内メールを転送するというので、ご厚意に甘えて送ってもらった。そして、メールを開いて考え込んでしまった。

 
幹事役を務めている人たちを含め、私にはクラスの人たちとしゃべったり遊んだりした思い出が殆どない。そのクラスでの具体的な思い出がほぼゼロなのである。私たちは子どもの頃から、色々な“クラス”を経験するものだが、それぞれに相性というものがあり、今感じる懐かしさには濃淡がある。今回私の頭の中に、本音の文章が出て来た。「昔の思い出すら満足にないのに、今さら再会したところで、一体何を話すというのか」

 
みんなの近況を知ったとしても、勤め先やそこでのポスト、家族のことなどの情報に、私は関心を持たないだろう。出世した人もいるだろうし、不遇をかこっている人もいるだろうが、立身出世の披露会みたいになったりするのは、気持ちのいいものではない。各自の近況報告の時間があれば、金融機関に就職し、退職して独立したことを私も話さないわけにはいかないだろう。親しくもない人に、好奇の目で見られるのも嫌である。

 
T君は「差し支えなければ、幹事さんに連絡してみたら」と言ってくれたので、一時はそうしようかと思ったが、結局やめることにした(T君ごめんなさい)。アドレスを知らせて繋がっても、クラス会に出る気がないのであれば、「欠席します」と断りのメールを都度いれなければならない。これは私にとっても、出欠を取り纏める幹事さんにとっても、手間になるだけであろう。

 
つまるところ、判断の分かれ目は「私が楽しめるかどうか」である、と私は自覚している。想像力を働かせて、その場の雰囲気の中で自分が楽しそうにしゃべっている姿を思い浮かべることができるかどうか。今回は残念ながら、うまくいかなかったように思う。もっとも、『我が心は遍歴する』ものだから、時間が経てば心境に変化が生じるかもしれないが……。将来のことは、また将来考えよう。

(8月20日記)

« トヨタ自動車と内村鑑三 | トップページ | コンビニ弁当に思う(その1) »

人間関係」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/60134193

この記事へのトラックバック一覧です: クラス会:

« トヨタ自動車と内村鑑三 | トップページ | コンビニ弁当に思う(その1) »