« 首を引っ込めた命令文 | トップページ | 母についた嘘 »

2014年7月 3日 (木)

悪趣味って難しい

 ある週刊誌の五月某日号を読んでいて、写真がメインのページに差しかかり、何とも落ちつかない気分に陥った。そのページは、大きな建物を上空から撮った写真を見開きで大きく掲載しており、その建物はインターネットサービスを手掛ける某企業の経営者が建設中の豪邸、とあった。

 
その記事は、この豪邸建設について、とりたてて付加価値の高いコメントをしているわけではない。“○○○御殿”と興味本位で称してはいるが、少なくとも読者の妬みややっかみを煽るトーンでは書かれていなかった。しかし私はこの記事を、「悪趣味だなあ」と感じてしまった。

 
なぜそう感じたのだろうかと考えてみた。公共的な空間からとはいえ、わざわざヘリコプターを飛ばして上空から建物を撮影しているのが、“覗き見”的でいやらしく、かつそれを躊躇いもなく人目に晒しているところが少々えげつないと思ったのである。ターゲットとなった方は、上場企業のトップであり、しかも日本の経済界を代表して意見を述べる地位にあるということで、公人のような側面はあるものの、住む予定の住居というのは、国民の知る権利の対象からは外れた、プライベートな部分であろう。

 
もっとも、この記事と写真を見て、特段何も感じない人も相応にいるだろうと思う。読み方は読者の感性に任せている雑誌の取り上げ方、編集が巧妙なのである。私は個人的に悪趣味だと感じたが、面白い記事だと思って読んだ人がいてもおかしくない。

 
話し言葉ではあまり使わなくなったが、それにしても、悪趣味とはどういうことを言うのであろうか。辞書を調べると、《洗練されていない趣味。また、たちのよくない好み》(『広辞苑』第四版)とあった。私は、雑誌名も個人名も伏せ、一定の配慮をしてこのブログを書いたつもりだが、雑誌の一記事をこんな風にあげつらうこと自体、悪趣味ということになるのであろうか……と、考えさせられる。悪趣味って難しい。

(7月3日記)

« 首を引っ込めた命令文 | トップページ | 母についた嘘 »

メディア(テレビ・ネット他)」カテゴリの記事

価値観・性格」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/59853973

この記事へのトラックバック一覧です: 悪趣味って難しい:

« 首を引っ込めた命令文 | トップページ | 母についた嘘 »