« 急がれる将棋界の不正防止ルール策定 | トップページ | 食品の安全性を考える »

2014年6月 1日 (日)

ハーゲンダッツの選び方

 月が替わり6月になった。アイスクリームが美味しく感じられる季節の到来である。普段アイスクリームはあまり口にしないのだが、スーパーが値引きをしている時に、ハーゲンダッツを買い込み、気の向いた時に妻と一緒に食べている。今冷蔵庫に入っているのは、「グリーンティー」、「レアチーズケーキ」、「パンプキン」、「アップルパイ」、「抹茶トリュフ」、「ストロベリーバナナ」、「ココアクッキー&コーヒーアーモンド」(以上、ミニカップ)である。

 
銘柄でハーゲンダッツを選んでいるのは、専ら味が好きなためだが、販売元であるハーゲンダッツジャパンの商品戦略を先日知って、「そうだったのか」と思った。経済誌に次のように書かれていた。

《ハーゲンダッツの特徴は、主力6商品が、売上高417億円(2013年)の大きな割合を占めること。バニラ、ストロベリー、クッキー&クリーム、グリーンティー、マカダミアナッツ、チョコレートブラウニー。コア商品に位置付けるこの6種類に経営資源を集中し、最高級アイスの地位を維持してきた》

(『日経ビジネス』201447日号)

 
主力6商品というのは初めて耳にした情報だった。これにより、我が家の冷蔵庫にあるものは、大半が主力6商品から外れた商品と判明。商品ラベルに『季節限定』と記載してあったので「食べてみたい」と思い買ったものが多いのだが、実際はどうも、『季節限定』ゆえに、一定期間を過ぎると“在庫処分品”や“メーカー滞留品”となってしまい、スーパーが実施した思いきった値引きにつられて我が家は買っていたようだ、ということが分かった。節約志向はいいが、食べるものを味ではなく価格最優先で選んでいたのだ。

 
私は反省し、妻と自分自身にリサーチすることにした。妻には、ハーゲンダッツに主力6商品があることを明かさずに、好きなミニカップは何か聞いたところ、以下のようになった。

【好きなハーゲンダッツのアイスクリーム(ミニカップ)】

   <妻>       <私>(参考)

1位:チョコブラウニー  グリーンティー

2位:ストロベリー    チョコブラウニー

3位:グリーンティー   バニラ

4位:レアチーズケーキ  レアチーズケーキ

5位:ミルククラシック  ミルククラシック

6位:バニラ       クッキー&クリーム

 
妻の好きなトップ6には、我が家があまり買うことがない主力商品が4つも入っていた。このままではまずい、と再び反省。これからは、値引きが少ない時であっても、時々は妻が好きな商品を選んで買うようにしよう。

(6月1日記)

« 急がれる将棋界の不正防止ルール策定 | トップページ | 食品の安全性を考える »

」カテゴリの記事

趣味・嗜好」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573382/59686449

この記事へのトラックバック一覧です: ハーゲンダッツの選び方:

« 急がれる将棋界の不正防止ルール策定 | トップページ | 食品の安全性を考える »